茶知識


「茶知識について」

全世界共分為六大茶類,按發酵度來分依序為:「綠、黃、白、青、紅、黑」。這六大茶類有不同的製作方式,在適製品種、採摘標準、製作工序都有所不同,品質特色也大異其趣,因此在沖泡、品飲及評鑑的方式上也會有所差異。 其中青茶屬於半發酵茶,在中國和台灣又叫做烏龍茶。台灣因為地理位置與氣候的關係,是種植烏龍茶的重要地區。全世界出產的烏龍茶,台灣就佔了約三分之一。所以國外稱福爾摩沙台灣茶(Formosa Taiwan Tea)指的就是烏龍茶。

凍頂烏龍茶 深度的味道中帶著清爽的風味,清涼感會在嘴裡散開。整體而言,那爽口的感覺,特別適合吃完油膩的料理之後飲用。

高山烏龍茶 栽種在海拔1000公尺以上,潮濕的氣候中,茶葉水份充足呈保濕狀,有著高雅的茶香以及濃郁的甜味。因為有許多的濃厚茶味在茶葉中,和其他的茶相比,泡了5~6次,味道還是一樣美味。

東方美人茶 曾經讓歐洲的貴族們讚不絕口,全世界都知道台灣最有名的茶。使用嫩芽加上重發酵的過程(無肥料無農藥栽培),有著峰密般甘甜的香味。接近紅茶的味道,還有水果香,又稱白毫烏龍茶或椪風茶。

台灣紅玉紅茶 沒有像一般紅茶的苦味,卻有跟一般紅茶不太相同的甜味。有非常吸引人的清香和獨特的風味。又稱台茶18號,紅玉。

鐵觀音 獨特的製作方法,有深度的香味,剛開始喝起來有點苦,後來會變成順口的甜味。越喝越能使人的心靈平靜。有可以分解脂肪的酵素,對於醒酒有不錯的效果。



台湾で人気のあるお茶の種類はウーロン茶、東方美人茶、ジャスミン茶、鉄観音茶、 紅茶,この中がで一番産地が多いのはウーロン茶,産地によって凍頂、阿里山 、梨山、玉山です。

お茶の特徵と美味しく淹れる温度:

  • ウーロン茶:95~100度 ,半球の葉形。
  • 東方美人茶:70~75度,葉先に白い毛がついている(毛が多いほど高級)。
  • ジャスミン茶:70~75度,細い葉が独特のジャスミンの香り。
  • 紅茶:70~75度で、透き通った朱色が出ます。
  • 鉄観音茶:95~100度で茶褐色が出ます。
  • 良品質のお茶は、通常5~6回飲むことが出来ます。
  • 茶葉の量はお茶の種類によって調整してください。
  • (例)東方美人茶は大体急須の半分ぐらいの量を入れます、ジャスミン茶で大 体1/3ぐらい。

※急須からお茶を出す時間は、味の好み(濃い薄い)で調整してください。

新鮮な茶葉は翌日に質が変わりますから、当日中にお召し上がりください。

「臺灣茶的歷史」

臺灣位於亞熱帶地區、有從北到南綿延連續的幾乎終年由雲霧覆蓋的高山山脈,這是作為茶葉的產地非常適合的環境。1896年稱為「FORMOSA TEA」的烏龍茶(127,86噸)首次出口美國紐約。美國的有關人士對這茶的口味和易飲性大吃一驚,以此為契機、「臺灣茶」受到了重視、從此登上國際舞臺。此後百餘年、臺北盆地的老茶行,為因應市場大量需求大批訓練制茶師及烘培師,通過對茶不懈地努力的結果,使「臺灣茶」名譽世界、至今都一直受到人們的愛飲。

「台湾茶の歴史」

亜熱帯地方に位置する台湾は、北から南まで、1年のほとんどが雲や霧に覆われるほど高い山脈が続いているために、お茶の産地として非常に適した環境といえます。1896年「FORMOSA TEA」という名前の烏龍茶(127,86トン)が初めて米国、ニューヨークへ輸出されました。米国の関係者たちはその味、飲みやすさに驚き、それをきっかけに「台湾茶」が注目され、一躍国際舞台に躍り出ることとなりました。あれから百年の間、お茶の市場増加に対応するため、台湾盆地の老舗茶業者たちが協力し、製茶や茶焙煎の専門家達を育て、お茶に対して弛まぬ努力を重ねた結果、「台湾茶が世界中に知れ渡り、今日まで愛飲されてきたのです。

登入

登入成功